ビジネスホンの必要性

2016年1月12日|Posted in: ビジネスフォンについて

ビジネスホンとは
ビジネスホンとは名前の通り仕事場での使用を目的とした電話です。企業のような大きな場所では一台の電話を置いておくだけではとても間に合いません。そういった場合にビジネスホンを利用するのです。見た目には家庭用の電話とあまり違いはありませんが、ビジネスホンと家庭用の電話との違いは、複数の外線と内線を共有することが出来るので、複数の回線と接続が出来ること、通話料のかからない内線電話が出来ること、保留の転送が出来ることです。ビジネスホンを導入する場合は購入することもできますが、リースという選択肢があります。

ビジネスホンリースのメリット、デメリット
ビジネスホンリースには様々なメリットがあります。まず、最初のビジネスホンの購入資金の必要がなく、新品や最新機種がリースすることが出来ます。保険などといったビジネスホンリース特有のサービスも受けることができます。ただし、デメリットもあります。途中で解約することが出来ないのと、最初の購入資金は必要ありませんが、ビジネスホンリースの最終的な支払金額は、保険料なども含めているので購入するよりも高く設定されていることが多いです。ビジネスホンリースの期間が終了した場合には、必ず返却しなければいけません。勝手に処分することは許されないです。

ビジネスホンの必要性
ビジネスホンには仕事での使用を助ける色々な機能が付いています。保留の転送もその一つです。大きな企業になると仕事場も広くなります。仕事場が広いと電話がある場所とも自然と離れてしまいます。そうなると保留を受け取るだけでも、かなりの距離を歩く必要があります。こんな場合にビジネスホンがあれば、保留の転送をするだけで担当者の電話につなぐことが出来きます。こういった設置してある電話までの移動という無駄になる行為を失くすことが出来るのです。他にも、こちらの通話中に電話をかけてきた相手にお待たせメッセージを流すことで、直ぐに電話を切ってしまうことのないように出来ます。このように仕事に役立つビジネスホンの必要性はとても高いのです。