ビジネスフォンと一般電話の違い

2016年2月10日|Posted in: ビジネスフォンについて

家庭用電話機の特徴
家庭用電話機は、曲線が1外線(1番号)で使用するタイプの通信機器のことを言います。例え電話機が難題あっても外線が1chしか対応してないので、電話またはFAXを一台使用してしまった場合、他から発着信ができません。家庭用電話機は、あくまで1台ごとの地用に限定されます。一般的には家電売り場で販売されており、親機1台、コードレス複数台の組み合わせで展示されていることが多いです。

ビジネスホンの特徴
ビジネスほんとは複数の外線と内戦を共有して制御できる電話機のことを言います。複数の外線と内戦を制御する主装置と、複数の端末機と言われる専用電話機から構成されるので、容量の大きいものになると数百台の子機を制御できます。つまり、ビジネスホンとは電話機単体ではなく、このような主装置+専用電話機の組み合わせによる電話装置システムを指しています。

2つの電話の大きな違い
ビジネスホンと家庭用電話との大きな違いは、ビジネスホンは「内線通話」「保留転送」「複数回線」の接続ができるということです。内線痛は、内線での電話機能のことで、一般的には、家庭用電話機にこの機能は搭載されていません。保留転送は、接続中の電話を保留とし、ダイヤルした指定先へ転送することができる機能です。例えば、かかってきた電話を担当者のデスクの電話に転送することです。複数回線の接続は、複数の回線が接続している為、誰かが通話している場合でも内戦や外線をしようする機能です。
ビジネスホンは一つの電話番号を多くの電話機で共有できるというメリットがあり、経費削減もできるます。ビジネスホン導入を是非ご検討ください。