ビジネスホン導入のメリット・デメリット

2016年11月16日|Posted in: 未分類

・メリット1
企業においてビジネスホンをリース、もしくは導入することは、電話対応を円滑にするためにも必要事項と言えます。ビジネスホンの特徴の1つに少ない電話回線・1つの電話番号を複数の電話機で共有できるという点があります。例えば、家庭用の電話機を導入する場合、導入した電話機の数だけ回線と番号が必要になります。しかしビジネスホンを導入することで複数の回線を主装置に収容し、接続された電話機に割り当てることができ、そうすることで、1つの電話番号を複数の電話機で共有することが出来るのです。
・メリット2
ビジネスホンには家庭用電話機には備わっていない機能が複数あります。企業で使用する上で使い勝手の良い機能を挙げるとすれば、保留転送機能です。例えば、電話をかけてきた相手が、別の社員を指名している時、保留して別の電話機で対応することが出来るのです。この機能があるおかげで、直接電話を受けた場所が遠くても、近くにある電話で取ることが出来るため、相手をまたせず迅速に対応ができるのです。仕事をする上でビジネスホンのリースは重要度が高い事柄と言えるでしょう。
・デメリット
ビジネスホンは見た目や機能が家庭用電話機と大きく異なります。そのため、全員が使い方を知っておく必要があります。ビジネスホンをリースし導入したとしても、それを使う社員が使い方を理解していなければ、意味が無いのです。ビジネスホンをリースしたら、社員全員で使い方の情報を共有することが最優先と言えるでしょう。また、購入する場合は、家庭用電話機と比べ導入コストが跳ね上がってしまいます。経費削減をするにはビジネスホンリースと言う選択をオススメします。