ビジネスホンリースのメリット・デメリット

2015年2月23日|Posted in: ビジネスフォンについて

会社で使う電話はいわば会社の命綱ともいえる大切な存在です。
あらゆる連絡が電話を通して来ます。その重要な電話についてですが、会社で使う電話というのは家庭用の電話と違い実にたくさんの機能を備えています。たとえば外線が飛んできても家庭用の電話ならば人が移動してその電話を取るために移動しなければなりませんが、会社で使う電話ですとボタンひとつで其の外線を、ほかの席の人の電話に飛ばすことができます。仕事をする上で欠かせないもの、それがビジネスホンです。
このビジネスホンですが、購入するという選択の他にリースという選択肢もあります。
それがビジネスホンリースと呼ばれるものです。
ビジネスホンリースは、購入資金が不要で、かつ最新機種のビジネスホンをリースできるというメリットがあります。また。リース料という形でそのリースにかかる費用は全て経費として計上できます。
また、固定資産税などの税金に関しても、ビジネスホンの所有権はリース会社にあるので、支払い義務がないということもメリットでしょう。
ただ、ビジネスホンリースは文字通りリース契約なので、中途解約ができません。また、購入資金などの元手は
必要ありませんが、総支払額をみた場合、金利や保険料、税金、手数料などがかかるぶん購入よりも割高にはなるでしょう。
ビジネスホンリースはビジネスをする人にとってメリットが大きく、有効に使用できる手段の一つでしょう。
しかし、リース契約なのでそこも忘れずに抑えておきましょう。