ビジネスホンの保証期間

2015年3月20日|Posted in: ビジネスフォンについて

ビジネスホンのリース契約をした時には、契約満了の時にビジネスホンを返却する義務があります。いくら使い込んだものであっても壊れそうになっていたとしてもビジネスホンを勝手に処分することはできません。
また、ビジネスホンのリース契約をした場合にはその保証期間についてもよく調べておく必要があります。
ビジネスホンのメーカーによる保証がだいたい一年くらい、配線工事などのトラブル保証が半年くらい、そうなるとそれ以外の保証期間を過ぎたビジネスホンの故障については実費を払わなければならない場合もあるからです。
このような保証期間に関しては有料の保守契約サービスを行っている業者もありますので、その内容について熟知しておく必要があります。機械というのは突然トラブルを起こしたり使えなくなったりしてしまうものですし、その場合には(特に仕事上の必需品であるビジネスホンに関しては)、早急な修理が必要とされるからです。
修理には基本の修理費、部品代、、技術料などが加わりけっこうな金額になります。ビジネスホンリースにははじめの設備投資費が節約できるというメリットがありますが、業者によってその後の保守サービスについてはさまざまという未知の不安もあります。
緊急事態に困ったり焦ったりすることのないよう、あらかじめ準備をしておくことは大切です。
ビジネスホンリースのメリットとデメリットをしっかりと確認しましょう。
また、ビジネスホンリースにはクーリング・オフの適用がないのでその点にも注意をした方が良いと思います。