ビジネスホンリースする意味

2015年4月6日|Posted in: ビジネスフォンについて

一般企業に関わらず、飲食店、ホテル経営などビジネスホンの需要は沢山あります。
ビジネスホンをリースしている企業もあります。
では様々な現場でビジネスホンをどのように有効利用しているのでしょうか。

ビジネスホンをリースして電話代の削減

ビジネスホンリースを利用することによって電話代を削減している企業もあります。
ビジネスホンを利用しないと沢山の電話回線を必要とするので、例えば一般企業の場合、営業課に要件のある顧客が、違う部署に電話をかけてきてしまった場合、取り次いだりすることが出来ず、営業課の人間が違うデスクまでわざわざ移動しなくてはいけないという場合があります。大きな企業になるほどそういった問題が深刻になってきます。ビジネスホンリースを利用すれば、仮に違う場所で問題が起きても内線で取り次ぐことができるのでそうした問題は一気に解消されます。

ビジネス本リースを利用してビジネスチャンスを掴む

ビジネスホンリースを利用してビジネスチャンスを掴むこともできます。
例えば留守番電話機能。時刻を指定すれば自動的に留守番電話に切り替えてくれます。
手動で留守番電話機能に設定する必要も無いので、ミスも減ります。
また回線が混雑している時も、「ただいま回線が混み合っています。しばらくお待ちください。」といったメッセージを吹き込むことで待ち時間をイライラせずに待ってもらえることもできます。

ビジネスホンリースは得では無い?

ビジネスホンは買った方が安いといった意見もありますが、ビジネスホンリースには単に物理的にビジネスホンを手に出来るという以外にもメリットが沢山あります。その理由はビジネスホンリースというのは様々なサービスが付いてきて成り立っているからです。
当然ビジネスホン自体を物理的にリースするだけなら、ビジネスホンを買った方が安いのは当然のことです。
ビジネスホンリースの需要があるのは、何かあった時のメンテナンスはもちろん、イベントや貸事務所といった短期間での利用にも対応している企業もあるからです。
電話代に悩みを抱えている方は是非ビジネスホンを利用してみてはいかがでしょうか。