数が多いほど便利です

2015年5月22日|Posted in: ビジネスフォンについて

ビジネスホンリースを行う理由とは

ビジネスホンリースをする際に注目するのは、主にリース費用を経費として計上できる為、税制上有利になる
という点が多いようですが、もちろんビジネスホンリース契約を結ぶのはそれだけが理由では勿体無いです。
ここではビジネス本リースによって生じる様々なメリットについても目を向けていこうと思います。

古くなった際の処理が楽になります

ビジネスホンをリースせず、自社で購入した場合について考えてみましょう。ビジネスホンをリースせず、例えば
業者から直接購入した場合、それは会社の資産となります。それはここでは論じないとして、例えばそのビジネスホンを数年使ったとしましょう。ビジネスホンをリースしている場合と異なり、購入した場合には中々買い換えることは困難でしょう。減価償却との都合や購入資金の問題もついて回ります。ビジネスホンをリースしている場合は、契約期間が終了すればビジネスホンをリースしている会社に返却して、新しいビジネスホンをリースしてもらうことが可能なので、機種変換もしやすくなりますし、古いビジネスホンの処理も簡単です。

リース契約には注意点もあります

便利なビジネスホンのリースですが、しかし一部には注意する点もあります。ビジネスホンをリースする場合、一度結んだビジネス本リース契約は途中解約が出来ないことが多く、例えばビジネスホンを10台リースしていたとして、これを途中で5台に減らしたいとなった場合にも、対応が難しい場合があります。
しかし、それを補って余りあるメリットが有りますので、検討の余地は大いにあるでしょう。