ビジネスフォンの基本的な使い方

2015年6月22日|Posted in: ビジネスフォンについて

正しい使い方をしよう

ビジネスフォンのリース行うことで、様々な業務が効率的になりますが、ただし使い方をしなければビジネスフォンの能力をフル活用することが出来ません。ビジネスフォンのリースを行う前に正しいビジネスフォンの使い方を知っておきましょう。また、ビジネスフォンをリースしたけれどいまいち業務が効率的にならないと行った場合は、正しい使い方ができていない場合もあります。

沢山のボタン

ビジネスフォンには沢山のボタンがついており、それぞれを使いこなすことで能力をフル活用できます。ボタンの種類と使い方を覚えましょう。ビジネスフォンには家庭用電話に付いているダイヤルボタンと保留ボタンに加えて内線ボタン・外線ボタンを始めとした様々なボタンが付いています。外線・内線ボタンは主に社内で通話する為の内線と社外で通話する為の外線を切り替える為に付いています。

電話回線の種類

ビジネスフォンのリースを利用するにあたって、電話回線も重要になってきます。一般家庭などで使われているアナログ回線は対応CH数も少なく沢山かかってくる電話に対応できないので、ビジネスフォンのリースに向いていません。最近ではCH数が多く一度に沢山の電話に対応できるIP電話や光回線に切り替えてビジネスフォンのリースを行っている企業が多いようです。
このように、ビジネスフォンのリースには最適な環境が存在しますので、ビジネスフォンのリースを行う時には利用環境を整えることも大切です。