ビジネスホンのリース利用

2015年8月6日|Posted in: ビジネスフォンについて

ビジネスホンというものをご存知でしょうか?昨今、ビジネスホンをリース利用する企業が増えてきています。
ビジネスホンとは複数の内線と外線を共有できる電話機です。また、保留転送など、さまざまな機能を有している点も特徴の一つです。
ビジネスホンが一般の電話機を異なる点は、多くあります。まずビジネスホンは主装置と呼ばれる機器が必要となります。外線と内線を共有するために繋ぐ小型機です。電話帳のデータ記憶など、さまざまな機能を有しています。
これはビジネスホンをリースする企業が求めるビジネスホンの役割によって異なります。ユニットの種類や、設定するデータもビジネスホンをリースする企業の求める形態に合わせ、異なるデータを設定します。
この主装置がビジネスホン専用電話機の1台1台を制御します。したがって、ビジネスホンとは、主装置とビジネスホン専用電話機の組み合わせの総称であるといえます。
ビジネスホンの仕組みがおおまかにわかった所で、次はビジネスホンをリース利用するメリットについて考えてみましょう。
まず、リース利用ではなく、購入する場合のメリットについて考えてみましょう。
ひとつめには、自社の所有とできるという点です。また、場合によってリース利用が長引くと、一括購入をしたほうが割安になる場合もあります。
次に、リース利用する場合のメリットですが、先に述べたデメリットと通じる所がありますが、計画的な利用ができるため、効率的な資金運用ができる、という点です。一度に多額の購入費用を用意する必要がなく、一定額のリース料を支払えば良いため、支出として将来の見通しを立てることもでき、計画的な運用ができます。
また、リースりようすると、経費で処理できることも魅力のひとつです。月々のリース料は税務上認められたリース料であれば、全額経費として処理することができるのです。
このように、ビジネスホンのリース利用に関するメリット、デメリット、両方を述べてきましたが、いかがでしたでしょうか。ぜひ、ビジネスホンをリース利用する際の一助になれば幸いです。