リスクを分割しよう

2015年10月21日|Posted in: ビジネスフォンについて

導入に関するリスク

仕事場では、家の電話のように誰かが使用している時に通話中になってしまっては、使い物になりません。その為、ビジネスフォンのリースを利用している企業は沢山存在します。しかし、なぜ購入よりもビジネスフォンをリースする方を選ぶのでしょうか?それは、リスルをある程度管理するという思想と関係しているようです。確かに、ビジネスフォンの導入時に購入してしまえば、その後本体に費用がかかる事はないのですが、企業等のは出来るだけリスクを分散したいと考えることが多いよでビジネスフォンのリースはそんな思想と合致したサービスだといえます。

機種代を分割できる

ビジネスフォンを導入する場合、電話機を1台だけ購入するという事は、まず無いでしょう。会社の規模が大きければ大きいほど沢山の電話機が必要となります。その為、機種代にかかる費用も高くなります。しかし、ビジネスフォンのリースを利用すれば費用な機種代は、リース期間に合わせて、分割されるので毎月払っている金額は大した物では無くなるのです。
これは、月々のリース代に本体価格を分散するとうビジネフォンリースのシステムがあることで成立しています。

払う金額が多くなっても

ビジネスフォンのリースを利用すると、購入するよりも費用が高くなる可能性があります。しかし、先ほど話したリスクの分散をという考えをすれば少々高くなってもビジネスフォンのリースを利用したいという方がたくさんいるようですので、ビジネスフォンのリースはたくさんの方から、愛されているのでしょう。